ダメダメですね
当初週に1〜2回は更新しようと思ってましたが
劇的な変化がないのでネタが少なくて・・・


18日は診察日でした

酷かった貧血も正常に戻ってきたようです
もう一度癌の大きさを計ってもらったら
左は74mmあったのが42mmに
右は40mmあったのが15mmでした
これは水平方向の大きさで
垂直方向はもう少し小さくなっているようです
この先放射線治療の効果でもう少し小さくなるはずで
10月10日に再度CT撮影を行います

主治医と放射線の担当医
二人とも口を揃えてこんなに効果があるとは思わなかった
腺癌は比較的放射線の効果が低くて
しかも放射線治療しかしてないのに
と嬉しそうな顔をしてました

あまり嬉しがらないのは当人だけだったりして
まぁ〜一時的とはいえ
その効果は体感出来てますので
それはそれで嬉しいのですが
その先はまたまた同じ事が起こると思っているので
そんなには喜べないんです
多少の時間が出来ただけの事です
でもこの多少の時間が
後々大きな結果に繋がるようにしなくちゃと思ってます
きっとそうなる事でしょう

まぁ〜小さくなったとしても消えた訳ではなく
いつかまた大きくなり出すんでしょうね
タイミングを見て再び別な治療を考え中ですが
出来れば雪が降り出す前に終わらせるか
雪が消えてからにするかですね
来春でのいいような気がしてます

何を考えてるのかは次回にでも

当初は1〜2年で死ぬ気満々?でしたが(笑_笑)””
今は放置して無治療でもその程度は行けそうな気がしてます
根拠ナシですけどね

自分なりの根拠は
前と比べておおよそ体積で1/8になっているかと思います
これがまた大きくなりだしたとしても
元の大きさになるのに癌細胞が3分裂しないといけないのかなぁ〜?
1/8が正しければですけどね
一分裂に8か月なら24か月
6か月なら18か月で元の大きさです
元の大きさになったからって
即死んでしまう事もないでしょうからね
という事で
出来た時間で次の一手を考えます

どうも妙な感じなんですが
自分が死ぬ事を何とも思ってないようなところがあって
まるで他人事のようなとらえ方をしてます
先の事なので切羽詰った感がないだけなのか
現実から目を背けているのか?
なんて思う事もありますが
何なんでしょうかね??
死にたい訳ではないので
そうならない努力はしていきます

という事で本日はここまでです


 今日は癌ネタじゃありません
前々から酷かったMPSの事です
MPS(筋筋膜性疼痛症候群)

3月末からMPSの治療を始め
医師の話では最低でも4か月程度
それより長くなるかどうかはその時点で考えましょう
という事で始めた治療でしたが
癌が見つかった為に治療を断念し癌を優先した為
MPSは放置状態でした

5〜6月は頻繁に発作的な痛みに襲われかなり厳しかったのですが
ここに来て特に先週辺りからかなり改善が見られます
2か月だけだったけどその時の治療が良かったのかもしれません
放射線治療が終わった段階ではまだまだな感じだったので
再度MPSの治療に通うかどうか迷っていましたが
どうやら放置していても先が見える感じがします

現在は左の肩甲骨周辺に二か所
左の脇の下に一か所
左下腕部に二か所のトリガーポイントが残っていますが
発作的な痛みは皆無で
ちょっと疲れたり動き過ぎたりすると
トリガーポイント周辺が多少痛みますが
以前と比べれば痛みのレベルは段違いです
肩こりで痛いという程度でしょうか??

本当は癌の方が深刻なんでしょうけど
肉体的な苦痛でははるかにMPSが上だったので
悩みは癌よりもMPSという変な状態が続いてきました

このところは動き回っても全く問題ナシです
という事で毎日軽めの農作業や薪割りをしてます
来週からは本格的な農作業をしようと思ってます



 レントゲンと血液検査でした
最近咳やタンがちょっとだけ多いかなぁ?と思ってましたが
レントゲンでほんの少しだけ肺炎になりかけているとの事で
念の為薬をという事になりました

肺に放射線を当てると副作用の一つとして
肺炎になりやすいという事があるようです
この肺炎
通常の細菌性のものとは違って
間質性肺炎というものだそうです
まぁ〜あくまでも念の為という事です

処方は
プレドニゾロン錠5mg を二錠ずつ ステロイド剤です

バクタ配合錠 朝晩一錠づつ  抗生物質

カルボシステイン500mg
 食後一錠 タンを出やすくするそうです

出来ればあまり薬なんかは飲みたくないんですけど
まぁ〜仕方ない事ですね

それと血液検査で
腫瘍マーカーのCEAという値が110程度と高い値です
でもこれでもかなり低くなったんです
治療前は900超えでしたからね〜〜



 藁って??
藁にもすがる思いの藁
溺れる者が掴む藁の藁です

癌になんかなったりすると
藁にでも縋りつきたくなってしまいますね
そんな時に話を聞きつけて
いろんな方がいろんな物を紹介してくれたり
送ってくれたりします
サプリメント系やら健康食品やら・・・

我が家ではそんな物を一まとめにして「ワラ」って呼んでます


今縋りついている「ワラ」を紹介します
自分で選んだ物は皆無で
全て他の方がおやじを気遣って送ってくれた物です
効果があるかどうかはたいした問題でなく
心配してくれる方の気持ちを
ありがたく頂いています

マイナス水素イオン水
ある方が送ってくれたものです
これで癌が治ったという方もいるようです

春ウコン
倅お勧めの逸品です

万寿霊茸
知人の薬剤師お勧めの逸品

それともう一つが厄介な物で
カミサンの愛だそうです
愛ねぇ〜〜〜
怖かったり・鬱陶しかったり・迷惑だったりしますが
まぁ〜仕方ないですね

何れも免疫力を上げるのには効果があるようで
不健康な物ではないみたいです
「ワラ」に縋って治ればいんですけどね!!(笑_笑)””

いろいろ聞いてみると
癌患者の多くは何かしらこういう物を呑んでいるようです
というのも
やっぱり癌という病気は
現代の医学を持ってしても
厳しい病気だからなんでしょうね

という事で
ちょうど藁を頂く時間「ワラタイム」となりました




今日は退院後初めての外来診察日でした

CTを撮ってから診察です

で、↓がその画像です



右が治療前で左が今日の画像です
(足の方から頭の方を見る感じなので
右が左の肺で
左が右の肺です
なんかややっこしいですけど)

放射線治療の効果が思ったより大きくて
驚く程小さくなっていました
担当医もちょっと効果の大きさに驚いていたようです

正直ここまで小さくなっているとは思いませんでした
当初右が4.5Cm
左が7Cmだったので
どうでしょうか?
1/3かもう少し小さくなっているようにも見えます

当初4タイプある肺癌のなかでも
線癌は放射線の効果は比較的少ない癌だと聞いていたので
まさかここまでとはねぇ

ただ、消えた訳ではないし
安心出来る状況ではあちませんが
多少時間の余裕が出来た事は間違いなさそうです

先の事は全く判りませんが
ほったらかしにしておいても
来年の夏は越えられそうな気がします

もう一つ問題なMPSですが
こちらも随分痛みが少なくなってきました
今は左の肩(背部)と脇の下
上腕三頭筋・肘・肘の下付近
それと何故か左手に痺れが・・

もう一つ困っているのが
お酒を飲むと左腕全体がかゆくなる事です
何なんでしょうね?
ビールを呑みたいのになぁ




サイト内検索

メール

何かありましたらメールは
こちらからお願いします

エントリー

コメント

カテゴリー

アーカイプ

リンク

プロフィール

others

mobile

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

recommend