前の繰り返しが多いと思いますが
その辺りは宜しくです
今日は放射線治療

放射線治療は体に負担が大きくてとか
いろんな否定的な話も多く聞きますが
それをしなかったら今頃はこの世にいなかったでしょうね
多少というかある意味辛い時もありましたが
それもほんの一時の事で
病気の状態を考えればそれ程の辛さでもなかったですね
今では後遺症的なものは全く感じません

ただ治療器の良し悪しで効果には多少の差が出るようですね
たまたま運よくその手の情報が手に入ったので
比較的良い治療器で行う事が出来た事が今の状態に繋がっているのかもしれません
もっと良い治療器の選択もあったかもしれませんが
いろんな事を考慮するとこれで良かったのだと思っています
基本治らない病気ですから・・・

治療に先立ってどの程度の放射線を当てるかという話になりました
肺腺癌は放射線の効果があまり期待できないと言われ
一時的に痛みや他の症状を抑える程度にするか
それともしっかり最大量を当てるかという事で
医師は多少症状を抑える程度で30ガル程度でという提案をしました
あまり効果が期待出来なかったからでしょうね?

それに対しどうせやるなら最大量でとお願いし
途中で辛かったらいつでも取りやめるという条件で治療を開始しました
2週間(10回)の照射で呑みこむ時に食道に痛みが出るようになりましたが
薬で抑えてなんとか乗り切る事が出来ました

前の繰り返しになりますが治療終了後に
間質性肺炎になりましたが
これも克服出来て今に至っています

放射線の効果は思ったより大きくて
癌はかなり縮小しました
消えた訳ではありません

放射線治療は7月初めから8月中旬まで行われ
週に5回で30回なので6週間です
治療自体は何の刺激もなく位置合わせが終われば
あっという間に終了であっけないものです

そんなこんなで今日がある訳です

 

コメント
コメントする








   

サイト内検索

メール

何かありましたらメールは
こちらからお願いします

エントリー

コメント

カテゴリー

アーカイプ

リンク

プロフィール

others

mobile

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

recommend