昨日は診察日でした
先週10日にCTを撮ったので
その説明と肺炎の件でいろいろ説明がありました
癌はまたまた小さくなってました
ぼちぼち小さくなるのもおしまいかなぁ〜と思って聞いてみると

もう少し小さくなるかもしれませんよ
放射線の効果って意外と長期間になる事もあるので
今度は12月にもう一度CTを撮ってみましょう
との事でした
(画像をもらって来るのを忘れたので次回にでも)

しかし放射線の効果がこれ程とは思いませんでした
担当医師も思わず抗癌剤より効いてますよ
と呟く程で
どこまで小さくなるのか??
とはいえ
消えた訳では無い事を忘れてはいけませんね
うっかりすると癌患者だという事を忘れてしまいそうな日常です

肺炎の方はかなりいい状態で
薬も当初一日4粒だったのが
今日からは一日一粒になり
二週間後には終了です

さて
何れ大きく成り出す頃に時期を見て次の手を考えないといけません

癌の治療というと
標準療法とか三大療法とか言われているのが
手術、放射線治療、抗癌剤治療
通常この三つの組み合わせで治療が行われる事が多いようです

最近ではそれに加えて高度先進医療に指定されているのがあって
癌の場合は
重粒子線治療、陽子線治療、免疫療法等々
詳しくはこちらで
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan02.html

おやじの場合手術は無理だと言われているので出来ません
(する気もありませんが)
抗癌剤はちょっと抵抗がありますので
今は全く考えていません
それに放射線治療は一か所につき生涯一度限りなんだそうです
かなりの放射線を浴びるので健康な細胞にもダメージがあり
何度も繰り返す事が出来ません
おやじの場合60グレイ近くの放射線を浴びてますので
この先は放射線治療を行う事はありません
最も別な場所に転移したなんて事になったら
その部位にはやるかもしれませんが・・

ただ抗癌剤でちょっと興味があるのは
癌の休眠療法というのがあるようです
http://www.jafra.gr.jp/takahashi.html
まだまだ浸透していない治療法のようで
というかこれは治療ではないかもですね??

今癌は小さくなったとはいえ
十分大きな物が二個も存在してます
それでも通常の生活が出来るなら
治さなくてこのままでもいいんじゃないかと思えます
まぁ〜癌が出来てから10年以上
もしかしたら20年近く共存していた訳で
このまま共存出来るならそれで十分だと思ってます
そういう意味でこの休眠療法ってのは
ちょっと気になるのですが
対応してくれる病院が少な過ぎですね
ただこれも消える事はないので
もっといい方法はと調べているところです

そんな訳でおやじは別の治療方法を考えてます

調べればその他にもいろんな方法があるようで
総称して代替療法と言われてますが
詳しくは検索してください

代替療法に入るのかどうかは??ですが
現在気になっているのが三つあって
経皮的ラジオ波肺癌焼灼療法(RFA)というのと
癌の凍結療法という治療法と
温熱療法の一つでハイパーサーミアという治療法

ラジオ波焼灼療法というのは
1.5mm程度の太さの針を患部に差し込んで
先端からラジオ波を出して患部の温度を上げ
焼き切ってしまおうという方法で
電子レンジの原理に近い物のようです
肝臓癌の治療に始められた方法で
2000年頃から肺癌にも応用され出した治療法です
今通院している病院にも治療器があるようですが
肝臓のみで肺ではやっていないそうです

凍結療法といのは
やはり針状のパイプなんでしょうか?
それを患部に差し込んで極低温のガスを吹き込み
癌細胞を凍らせてやっつける方法です
冬山で起こる凍傷と同じですね

ハイパーサーミアというのは
電子レンジみたいな原理で
患部を電極で挟んでラジオ波で42〜43度まで患部を温めて
高温に弱いガン細胞をやっつけてしまおうという方法です
(健康保険適用アリ)

一時食事療法なんかを考えた事もあったのですが
本気で取り組んでいる方には申し訳ないけど
どうもそんな事で治る気がしないんです

放置すればまたドンドン大きくなりだすでしょうから
何らかの方法でちょっとだけでも小さくなれば
またまた時間が稼げるんじゃないかと思っています
癌が無くなる必要はないんです

基本治る病気ではないと思ってますが
出来れば体に負担にならない方法で
多少小さくなって静かにしていてくれればそれでOKなんです
また大きくなったらその時はまた何か考えて・・
そうこうしているうちに
また新しい治療法が出来てきたりするかもしれませんね

という事で
年内には次の一手を考え決めます

関連する記事
コメント
こんな記事を見つけました。

ガンと診断されたら100万円。入院や通院、三大治療(手術・放射線・抗がん剤治療)をしっかりサポート。なんて言われても、ガン保険に入ろうという気持ちには全くなれません。じゃあガンになったらどうするの?って聞かれても、なったら放っておくからご心配なくと答えます。だってガンの三大治療は無駄に痛みや苦しみを受けるだけでなく、放置した場合に比べむしろ早死にしてしまうからです。

カリフォルニア大学のハーディン・ジェームス博士によると、「治療を拒否した患者の平均余命は12年6か月である。しかし外科手術、その他の(ガン)治療を受けた患者は平均すると治療後わずか3年しか生きていない」とのことです。しかもガンの三大治療には痛みや苦痛が伴います。ガンは放っておいてもそんなに痛まないそうなので、痛みや苦しみにのた打ち回った挙句、早死にしてしまうんじゃ、何のための治療か分かったもんじゃありません。特に抗ガン剤の苦痛は筆舌に尽くし難いようですから、何を好き好んで抗ガン剤治療など受けたいと思うでしょうか。

そもそも、現代人に多いガンという病気は、古来非常にまれな病気でした。特に若い人に発症することは滅多になく、近年のガン患者の増加は異常です。これほどまでに社会にガンが増えていることにこそ、脅威を持った方が良いのです。

なぜガンになるのかというと、原因はいろいろ言われていますが、やはり最も大きな原因が免疫力の低下です。優れた肉体と高い免疫力を持つ先住民族には、ガンはみられません。そして免疫力の低下は様々な要因によって起こるのですが、やはり食生活によるところが大きいでしょう。こう考えるとガンという病気は、プライス博士のいう退化病の症状の一つと考えるべきものでしょう。

そうであるなら退化病を引き起こす近代食、とりわけ砂糖を避け、栄養豊富な食生活を送るようにしていれば、ガンを恐れることなんてありませんよね。そうであるならガン保険の保険料を、普段の食費の足しにした方がよっぽど良いでしょう。だから僕はそうしています。
  • CHA
  • 2013/12/10 5:52 PM
CHAさん
ご無沙汰してます
その節はありがとうございました

無治療も含めていろんな考えがあっていいと思います
全ては自己責任で・・・

もう雪の季節です
そちらも春まで大変でしょうが
雪が消えたらまた会いたいですね
  • 芋おやじ
  • 2013/12/13 5:42 PM
コメントする








   

サイト内検索

メール

何かありましたらメールは
こちらからお願いします

エントリー

コメント

カテゴリー

アーカイプ

リンク

プロフィール

others

mobile

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

recommend