このところ癌の話題が多いですねスポーツ選手やタレントさん等々

一般人は話題にもなりませんが
有名な方々が話題になる事で健康な方も
癌について考える機会になのかな??と思います
ジジ〜はステージ4です
このステージ4とは治る事のない病態だと思ってますが
すぐに遠いところに行ってしまう訳でもありません
ここにも4Cm大の病巣を持ったまま間もなく6年になる患者がいます
即死んでしまう訳ではない病態なので
いろいろ情報を集めて懸命な判断をし生き長らえて欲しいものですね

JUGEMテーマ:がん全般

肺がんが肺尖部に出来ると交感神経に影響し様々な症状が出るようです
実はガンに気付く前に顔の左半分と首の左半分や左腕から
全く汗が出なくなりました
当初何だろうと思ってそのうち病院にでもと思ってましたが
こんな重大な病気とは知らずに・・・
まぁ行ったところで何が変わったかと言えば
何も変わってないと今では思ってますが(笑)
それから暫くして左目も妙に見え難くなり
加齢黄班変性の症状が出てきました
ホルネル症候群で加齢黄班変性のような事になるのかどうか??
それは良く判りませんがきっとそうなんだろうなと思ってます
同時に左目には眼瞼下垂も少しあります
元々細目なので周囲では気が付かないようです
細目で良かったのかもね!!
病気が分かったのは2013年でその1年前位から出ていた症状です
その時点で病院に行っててもきっと大きな違いは無かったんでしょうね
この病態で何か不自由を感じるかと言えば
目以外はこんなもんだろうと思うと全く気になりません
目はちょっと困ってますが
日常的には何ら不自由はありません
それよりもバンコースト症候群の方が悪さをしてます
これについては次回にでも

JUGEMテーマ:がん全般

春5月になれば肺がんが見つかって6年になります

4Cmの大きさのガンの塊を持ったまま6年目を迎えられそうです
前に書いた休眠療法を選んだ訳は
この病気が治らない病態だと知ったからです
それでちょっと考えたのは2年前は元気だったよな〜〜って事です
その時点でも奴はそれなりの大きさで住み着いていたんだろうし
その状態のまま持ち逃げ出来ればそれでいいんだけどなぁ
どうせ治らないんだし・・・
そんな事を考えていた時に目にしたのがこの療法でした
ガンが小さくならないと効果は認められないなら全く効果のない治療法です
ただ自分にとっては何となく生き続けるという意味では
かなり効果的な方法だと思ってます
効果は無いけど効果的な治療って何か変ですよね(笑)
ただこの方法が全ての方に効果があるのかどうかなんて事は全く判りませんので
他の方に勧める気は全くありません
自分で考えて自分で決める事だと思ってます
抗癌剤治療を始めてから春で5年が経過します
使っているのは途中からジェネリックに代わりましたがTS-1だけです
以前月に90錠と書いたと思いますが
現在は100錠にしてます
この10条の差はかなり大きいかったですね
前のエントリーで後半徐々に上がっていったCEAの値が急に下がる辺りで10錠増やしました
現在は2年保証が付いてます
今の治療がダメになったら次はこれというのが決まっていて
それは一年程度しか効果がないようで
もう効果が無くなったねってなっても今の体の状態です
それから無治療で過ごしても一年は持つだろうという意味での2年保証です(笑)
今の治療がいつまで続けられるかはその時になるまで全く判りません
という事で
本日はここまでです

JUGEMテーマ:がん全般

前回更新から2年も・・・

何ともお恥ずかしい限りです
その後も相変わらずいい感じで推移してまして
自分が癌である事も忘れて暮らす毎日です
最近少し思うところがあって
再びこのブログを再開してみようと思ってます
更新頻度は少ないかもしれません
なんったて病人である事をを忘れてますから
で、その後のCEAの値変化です
5月9日作成という半年前の物ですが
現在は更に値は低くなってます
とりあえず現状の報告という事で
以後時折更新予定ですが
本日はここまでです

あまり病人という意識がないのでまたまた半年経ってしまいました
 
あっと言う間の半年ですが少し近状でも・・・
相変わらず癌とはいい感じに共存出来ています
腫瘍マーカーもこんな感じで低めで安定してます
低めとは言っても健康な方がいきなり
あなたこんなですよと言われたらビックリするような数値かもしれません
現在CEA16〜17ですが最悪な時は970ありましたから (笑)


当面こんな感じで推移してくれればいいなぁ〜と思ってますがどうなりますか?
今の薬の効果がなくなったら次の手もありますので
暫くは何とかなるのではと呑気に暮らしてます
ただ問題は転移している背骨ですね
こんな感じです

クリックで拡大するのかな?
画像は背骨を楯に切った感じで横から(左)見てます
画像の左が骨の右側で順次左になります
矢印の箇所が侵されている部分でまだ大丈夫ですが
医師からは用心の為に骨をサポートするようにコルセットを作ってはどうかと言われました
急ぐ事ではありませんがそう遠くない時期に整形外科に行って作ります
まだ様子見の段階ですが之がもう少し悪くなるようなら
放射線も考えないといけません
ただ近くにいい治療器が無いので
半分引っ越したような事をしないと治療出来ないかもしれません
それが厳しいですね
という近状です


サイト内検索

メール

何かありましたらメールは
こちらからお願いします

エントリー

コメント

カテゴリー

アーカイプ

リンク

プロフィール

others

mobile

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

recommend